浄土真宗本願寺派 興国山 西方寺

鹿児島県肝付町にあるお寺です。
各法要・永代供養墓・納骨壇・海洋散骨(予定)の情報を掲載しております。
ごゆっくりご覧ください。

朝のお勤めや法事のご案内について

●朝のお勤め(西方寺本堂合同)

  月曜日~土曜日 9時・10時

  日曜日 9時・10時・11時

 ※葬儀やその他特別法要などで上記時間が変更になる場合もありますので、御来寺される際は事前にご連絡をお願いします。

●法事のご予約について
 ①上記以外の時間帯に、本堂での法事を希望される場合は、事前に予約が必要です。
 ②ご自宅での法事をご希望の方も、事前に予約をお願いします。
 ③法事を予約された場合、懇志は金壱萬円~となっております。

 連絡先 西方寺 ☎0994-65-3507

西方寺永代供養墓・納骨壇のご案内

近年「お墓の面倒を見る人がいない」など、お墓に関する悩みやご相談を多くいただきます。お墓に関する様々な問題に対応できる西方寺永代供養墓が完成しました。

報恩講法要(2020年)のご案内

  2020年11月17日、18日の13時30分から西方寺本堂に於いて、
   西方寺報恩講法要を勤修いたします。
  どなたでもご参加いただけますので、お時間のある方はどうぞご参拝ください。

西方寺について

浄土真宗の教えとは?

阿弥陀仏(あみだぶつ)のはたらきによって信心を恵まれ、念仏する人生を歩みます。この世の縁が尽きる時、浄土に生まれて仏となり、迷いの世に還って人々を教え導きます。

宗祖は?

親鸞聖人(しんらんしょうにん)です。承安3年4月1日(1173年5月21日)に誕生され、9歳で出家されました。比叡山で20年間厳しい修行に励まれましたが、さとりへの道を見いだせず山を下り、法然聖人(ほうねんしょうにん)の導きで、自分にとって専修念仏(せんじゅねんぶつ)こそが唯一の道であると気付かれました。
35歳の時には、念仏弾圧で越後(新潟県)に流罪となられましたが、その後、関東へと移られ念仏のみ教えを広められました。
晩年は、京都で『教行信証』や『和讃』などの執筆に力を注がれ、人々にみ教えを伝えられました。弘長2年11月28日(1263年1月16日)に90歳で、往生されました。

ご本尊は?

阿弥陀如来です。「阿弥陀(あみだ)」とは、インドの言葉「アミターバ」(無量光(むりょうこう))、「アミターユス」(無量寿(むりょうじゅ))の「アミタ」(無量)を音写した言葉です。阿弥陀如来とは、「無量光」と空間的に制約のない救済活動を表し、「無量寿」と時間的に制約のない救済活動を表しています。無限にすくいを届けられる仏さまなのです。
この阿弥陀如来を表して親鸞聖人は南無阿弥陀仏、帰命尽十方無礙光如来、南無不可思議光如来などの名号を書かれました。これが「名号本尊」「尊号」と呼ばれるものです。また、阿弥陀如来をお姿で表したご本尊が「絵像」や「木像」です。
これらのご本尊は、苦悩の底に沈み、自ら抜けきることのできない者のために、阿弥陀仏の方から、その中に入りこみ苦悩の者を助けるという阿弥陀如来の究極的なお慈悲のはたらき(本願他力)を表したものです。

マイストーリー

西方寺のはじまりについて